茅ケ崎西浜はICT利活用の取り組み


本校は、平成19年度より3年間、県の「特色ある高校づくり」の一つとして、ICT利活用授業を推進する重点校に指定され、ICTを活用した授業の実践研究を実施してきました。現在も、重点項目の一つとして取り組んでいます。

「ICT」とは、情報技術、つまりコンピュータをはじめとする最近のテクノロジーを教育に活かし、それをもって生徒の学力に寄与しようとするのものです。

 これまでの取り組み


過去においても、本校は創立以来の情報教育の伝統を持ち、平成16年度からはIT利活用教育拠点校としての実績を積み重ねてきました。

具体的には、どの学校でも実施している「情報」という教科はもちろんのこと、商業科目の「情報処理」をはじめとする情報系の科目を多くカリキュラムに取り入れていること、また、各種情報系の検定試験の合格者を多く出していることが挙げられます。

また、このICT利活用授業は上記の情報系の科目以外のすべての教科の授業でこのICTを利活用した授業を実践しています。

これまでの具体的内容については、右側にある「報告書」(PDFファイル)をダウンロードの上、参照していただければ幸いです。

 今後の取り組み


このICT利活用授業はこれからの教育の一つの姿を示しているといえます。今後はネットワークを使った教育活動を考えています。


神奈川県立茅ケ崎西浜高等学校 〒253-0061茅ヶ崎市南湖 7-12869-11
電話:0467-85-0008 FAX:0467-87-7899

Copyright(C) 2008 Chigasaki Nishihama High School. All Rights Reserved. Last Update: 2010年6月1日